劇場公開映画『痛くない死に方』で、柄本佑さんに着用いただいた腕時計

劇場公開映画『痛くない死に方』で、柄本佑さんに着用いただいた腕時計

着用いただいた時計・ジュエリー

メディアの詳細

劇場公開映画『痛くない死に方』

2021年2月20日(土)全国ロードショー公開

原作 医療監修:『痛くない死に方』『痛い在宅医』長尾和宏(ブックマン社刊)
監督・脚本 高橋伴明
音楽 吉川忠英
アソシエイト プロデューサー 鈴木祐介 角田陸
プロデューサー 見留多佳城 神崎良 小林良二
出演 柄本佑 坂井真紀 余貴美子 大谷直子 宇崎竜童 奥田瑛二 大西信満 大西礼芳 下元史朗 藤本泉 梅舟惟永 諏訪太朗 田中美奈子 真木順子 亜湖 長尾和宏 田村泰二郎 東山明美 安部智凛 石山雄大 幕雄仁 長澤智子 鈴木秀人…ほか

「病院」か「在宅」か――。この映画は、在宅医と患者と家族の物語である。

在宅医療に従事する河田仁は、どことなく自分の中に矛盾や葛藤を抱えながらも日々医療現場に邁進していた。そんな時、末期の肺がん患者に出会う。彼の娘の意向で、入院ではなく「痛くない在宅医」を選択した。しかし結局、患者は苦しみ続けそのまま死んでしまう。

「痛くない在宅医」を選んだはずなのに、結局「痛い在宅医」になってしまった。それならこのまま病院にいさせた方が良かったのか、病院から自宅に連れ戻した自分が殺したことになるのかと、娘は自分を責める。河田には突き刺さる言葉だった。

そんな中、河田は在宅医の先輩に相談する。先輩医師の見解では、肺がんよりも肺気腫を疑い処置すべきだったと指摘される。結局、自分の最終的な診断ミスにより、患者は不本意にも苦しみ続け生き絶えるしかなかったのか……河田は悔恨の念に苛まれる。自分にはもっと別にすべきことが沢山あったのではないかと……。

命あるものには必ず死が訪れる。それを誰も止めることは出来ない。高い経済成長を遂げ、世界トップクラスの裕福な国になった日本だが、意外にも人は自分の死に場所や死に方を自由に決めることは出来ていないのではないか。医学の進歩に伴い、「延命治療」が可能になったが、そこにはかつて当たり前にあった自然な死はもはや存在しない。人はどう死ぬべきなのか、当事者一人ひとりの判断に委ねられるべきであり、そこに自由があってもいいのではないか。在宅医療のスペシャリストであり実際に在宅医として活躍する長尾和宏著のベストセラー「痛くない死に方」「痛い在宅医」をモチーフに、高橋伴明監督が完全映画化。いつかは自分の親や自分自身に訪れる終期について考えさせられる、必見の作品。

貸し出しをご希望の方

下記の貸し出し担当者へご連絡ください。

メディア貸出情報

 

ページトップ