ピアジェ PIAGET

ピアジェ ピアジェ

PIAGET ピアジェ

1874年にジョルジュ・ピアジェが優れた時計をつくり始めて以来、ピアジェはその独創性と技術で他と一線を画してきました。一家は代々「常に必要以上によいものを作る」という高い目標を掲げてきたことで、自社一貫生産を行うマニファクチュールブランドへと成長していきました。1940年代には最新設備の工場をオープンさせ、その後超薄型ムーブメントを創り出すことに成功します。ピアジェの技術は、ジュエラーのクリエイティビティを今までになく自由に広げることを可能にしました。

25