ショーメ CHAUMET

ショーメ ショーメ

CHAUMET ショーメ

ショーメの歴史は、1780年に創業者マリ・エティエンヌ・ニトがフランス・パリで店を構えたことから始まりました。1815年以降、職人の長がメゾンの芸術性と技術を受け継ぎながら発展していきます。そして4代目ジョゼフ・ショーメが社名を「ショーメ」に改め、現在のショーメに至る基礎を築き上げました。ナポレオン一世を魅了したショーメのジュエリーは、王室御用達ブランドとして国際的な知名度を得たことをきっかけに、その名声はたちまちヨーロッパ全土に広がりました。最高峰のジュエラーとなったショーメは、2000点を超えるティアラの制作をはじめ、様々なブライダルジュエリーを世界中の王侯貴族のために手掛けてきました。いつしか「愛と感性のジュエラー」と呼ばれるようになったショーメは、いつの時代も女性にとって憧れと幸せのシンボルとして愛され続けています。

79件中

130