ショーメ ジョゼフィーヌ

ショーメ ジョゼフィーヌ

JOSEPHINE

ジョゼフィーヌ

ジョゼフィーヌは、ショーメ最初の上顧客であり、その創造にインスピレーションを与え続けたナポレオン1世の皇后、ジョゼフィーヌに敬意を表して展開されているコレクションです。彼女の愛したティアラやエグレット、ペアシェイプカットのダイヤモンドがシグネチャーとして散りばめられた、ロマンチックなジュエリーが揃います。ダイヤモンド以外にも、アクアマリン、ローズクオーツをはじめとするカラーストーンやパールなど、さまざまな宝石との組み合わせが華やかさを演出。高貴な佇まいの中にモダンな感性を覗かせるデザインが、上品で洗練されたスタイルへと導きます。

もっと詳しく見る

36件中

130

ABOUT JOSEPHINE

  • メゾンのミューズ、ジョゼフィーヌとは

    フランスの歴史にその名を残すナポレオン・ボナパルト(ナポレオン1世)の妻ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネは、輝かしい帝国の頂点に降臨するとともに、圧倒的美意識とチャーミングな人柄で人々を魅了したと伝えられています。当時女性の慣習とされていたコルセットを外し、軽やかなエンパイアスタイルのドレスを好み、女性らしい体のラインを惹き立てたスタイルを流行らせるなど、ファッションアイコンとしてもパリ貴族の人々から羨望の眼差しを集めました。

  • “指先にもティアラを”を実現したリング

    ショーメにとってアイデンティティーそのものともいえるティアラをリングで表現したのが、ジョゼフィーヌのリングです。高貴でエレガントなティアラをそのままリングに模すという発想は、メゾンのミューズ ジョゼフィーヌに想いを馳せたショーメならではといえるでしょう。洗練と繊細さ、威厳と優雅さを組み合わせた他にはないデザインのジョゼフィーヌのリングは、現在に至るまで世界中のプリンセスたちのティアラを手掛けることになったメゾンの傑作です。手元に燦然と輝くティアラは、1度はプリンセスに憧れを持った女性たちの夢を叶えてくれることから、ブライダルシーンにおいて高い人気を誇ります。

  • 最高品質のダイヤモンド、パール、カラーストーンをふんだんに散りばめるジュエリー

    ジョゼフィーヌには、最高品質のダイヤモンドはじめ、パール、アクアマリン、ルビー、ローズクオーツと、さまざまな宝石が使用されています。羽飾りで彩られたヘッドオーナメントからインスパイアされた、Vシェイプがシャープな印象のエグレット、ペアシェイプモチーフをアシンメトリックに組み合わせて誕生したロンド デグレットなど、ジョゼフィーヌが好んだパールをあしらったり、ペアシェイプを再解釈したりと、伝統のスタイルがより一層モダンにアップデートされています。