クロエ CHLOE

クロエ CHLOE

CHLOE

クロエ

1952年、ギャビー・アギョンによってフランス パリで創業したクロエ。時代に先駆けてプレタポルテ(高級既製服)の製造に取り組み、幅広い顧客層から人気を得ます。さらに、カール・ラガーフェルドやステラ・マッカートニーなどのビッグネームがクリエイティブディレクターを務めたことで、アパレルブランドとして世界的な成功を収めました。バッグや財布をはじめとするレザーグッズの製造を開始したのは、21世紀に入ってからと比較的最近のこと。しかしながらファッション性に優れたデザインと良心的な価格帯でアイテムを展開し、人々を魅了します。20代、30代のうちから長く愛用できるブランドとして人気を獲得しています。

もっと詳しく見る

ITEM LIST

50件中

130

ABOUT CHLOE

  • クロエのブランド名の由来

    クロエのブランド名はバレエ作品「ダフニスとクロエ」に由来しています。クロエの創業者であるギャビー・アギョンは、モーリス・ラヴェルの作曲した美しいメロディーとともに優雅に舞うヒロイン・クロエのダンスに感銘を受け、自身のブランド名としたといわれています。自らの名前をそのままブランド名にするデザイナーが多い中、このロマンチックな命名は、パリジェンヌのフレンチシックなスタイルと、フェミニンなテイストが融合したメゾンのイメージにぴったり。シンプルなクロエのテキストロゴは品があり、ロゴ入りのアイテムにもいやみがなく、洗練された印象を醸し出します。

  • 数々の名デザイナーによって世界的な人気ブランドへ

    創業者のギャビー・アギョンが第一線を退いた後も、クロエはカール・ラガーフェルドやステラ・マッカートニー、フィービー・ファイロなど、そうそうたるデザイナーたちによって引き継がれ、世界的な人気ブランドへと成長していきました。創業時から根底に流れる、フェミニンな雰囲気を纏ったシンプルかつ上質なデザインはそのままに、流行に左右されずタイムレスに愛用できるアイテムが豊富に揃います。特に人気が高いのはバッグや財布などのレザーグッズや香水で、ファッショニスタをはじめ多くの女性たちから愛されています。

  • シーバイクロエとの違いは?

    クロエのディフュージョンブランドとして2001年に立ち上げられたのがシー バイ クロエです。クロエのブランドコンセプトや特徴は保ちながら、素材や製造工程などを工夫することで価格を抑え、クロエよりも手の届きやすいアイテムが多数ラインアップされています。シー バイ クロエは日本をはじめ、世界中の若い世代に人気があり、いつか本家ともいえるクロエを手に入れたい、そんな憧れをかきたてる役割も担っています。20代、30代のうちから生涯を通じて傍らに寄り添ってくれる、おしゃれな女性の愛用品に相応しいブランドです。