タサキ TASAKI

タサキ タサキ

TASAKI タサキ

TASAKI(タサキ)は、1954年に創業者の田崎俊作によって田崎真珠として創立。当時は神戸で養殖真珠加工販売に注力し、1970年には絶滅寸前になっていたマベ貝の人工採苗に世界で初めて成功しました。創業から半世紀を経た2009年には、新鋭デザイナー タクーン・パニクガル氏がクリエイティブディレクターとして就任。同年ブランド名を「TASAKI」へと変更し、直線のラインにパールを並べたバランスシリーズをはじめ、斬新で創造力豊かなジュエリーを次々と生み出し、幅広い年齢層から愛用されています。

11