チューダー(チュードル) TUDOR

チューダー(チュードル) TUDOR

TUDOR

チューダー(チュードル)

1926年にロレックスのディフュージョンブランドとして誕生したチューダー(チュードル)。ロレックスの3大発明である「オイスターケース」「パーペチュアル(自動巻き機構)」機構を採用しつつ、他社製の汎用ムーブメントを搭載することで安価な価格を実現し、機能性の認知や知名度の向上に寄与しました。現在では独自路線へとシフトし、ロレックスとは異なるテイストが魅力の人気コレクションを多数発表。2018年に日本でも正規店がオープンしたことで話題を呼びました。

もっと詳しく見る

295件中

130

ABOUT TUDOR

  • ブラックベイの成功で一躍人気ブランドに

    ロレックスのオイスターケースの使用を唯一許されたブランドであり、ロレックスと共通のパーツを使用するなどステータス性を感じられるチューダーの時計。本家に比べるとリーズナブルな価格帯も魅力で、品質や満足感に対するコストパフォーマンスの高いブランドです。2000年ころを境に独自路線へとシフトすると、オリジナリティー溢れるさまざまなコレクションを発表。2012年に発表されたヘリテージ ブラックベイの世界的大ヒットにより、瞬く間に人気を拡大しました。

  • ロマンチックなチューダーローズ

    ブラックベイが1970年代のサブマリーナーの復刻モデルであることからも分かる通り、ヴィンテージウォッチが根強い人気を誇るチューダー。現行の盾のエンブレムへと変更される以前はイギリスの名門・チューダー朝に因んだ薔薇のエンブレムが使用されており、“チューダーローズ”や、ロゴの大小により“デカバラ” “コバラ”と呼ばれる人気のディテールとなっています。現行モデルにおいても限定的に薔薇のエンブレムが復刻される場合があり、薔薇をモチーフにしたデザインなども展開されています。

  • 女性にもおすすめのミニサブマリーナー

    ロレックスの人気コレクションであるサブマリーナーはレディース向けのサイズ展開がありませんが、チューダーのプリンスデイト ミニサブマリーナーは33mm径のユニセックスサイズをラインアップ。現在では生産を終了していることからなかなか手に入らない人気モデルとなっています。このように現行品だけでなく中古やアンティークにも魅力的なモデルが多くみられるチューダーは、その歴史的な事情からロレックスとの類似性と独自性が同時に楽しめる稀有なブランドだといえます。