フランク ミュラー ラウンド

ラウンド ラウンド

ROUND ラウンド

トノウカーベックスをはじめとするユニークなケースフォルムで知られるフランク・ミュラーにあっては、伝統的なスタイルのシンプルな丸型ケースが珍しいと感じられるラウンド。創業初期の作品、特に初めて腕時計に搭載されたトゥールビヨンやフランク・ミュラーによる世界初の数々の複雑機構は、このラウンドケースを用いて作られてきました。天才時計師の名に相応しい革新的な技術と独創的なデザインを自由自在に受け止めるキャンバスであり、メゾンの原点ともいうべきコレクションです。

5