カルティエ パンテール ドゥ カルティエ

カルティエ パンテール ドゥ カルティエ

PANTHERE DE CARTIER

パンテール

カルティエの永遠のアイコンである豹(パンテール)の名を冠するパンテールウォッチ。1983年に誕生して以来、タンクフランセーズと並んで世界中の女性たちから熱愛されているコレクションです。凛とした気品のあるデザイン、磨き抜かれた鏡面がもたらす艶、しっとりと腕に吸いつくような柔らかいブレスレットは、気高き豹の姿をコンセプチュアルに表現しています。強く、美しく、そしてしなやかに人生を謳歌する現代女性たちに相応しい、ジュエリーのように煌めくタイムピースです。

もっと詳しく見る

67件中

130

ABOUT PANTHERE

  • 艶やかな輝きが美しいジュエリーウォッチ

    ステンレスやスリーカラーゴールド、そしてそれらのコンビネーションと豊富なデザインを誇るパンテールは、ジュエリーいらずの時計として多くの女性に好まれています。その秘密は全体に施された艶のある鏡面仕上げ。特に細かなコマが5連に連なるブレスレットはまさにジュエリーそのもので、ダイヤのないシンプルなモデルでも腕元をキラキラと輝かせます。ちなみにこのブレスレットは豹の足跡をイメージしているといわれ、指輪などのパンテールジュエリーと共通のデザインです。

  • リーズナブルな価格が魅力の旧型

    一方、2008年頃まで生産されていたパンテールの旧型は、艶やかな鏡面仕上げと艶のないヘアライン仕上げが交互に施されています。時計のデザインそのものはほとんど変わっていませんが、細かな仕上げの違いでかなり印象が変わるもの。旧型はデイリーユース向きとして、当時トレンドだったイエローゴールドとステンレスのコンビを中心に中古市場で高い人気を誇っています。比較的リーズナブルに手に入る中古ならではの価格帯も魅力的です。

  • シーンや予算に合わせて選べる多様なバリエーション

    パンテールの正方形のケースとビスモチーフはサントスシリーズと共通の特徴ですが、厳密にはケースサイドやブレスレットのコマの形に違いがあります。ミニサイズのサントスドゥモワゼルなどジュエリーウォッチとしてコンセプトが重なるモデルは生産終了となり、2019年新作からサントスはよりユニセックスなラインへと移行。その分パンテールにジュエリーウォッチの要素が集約され、ロングブレスレットや豪華なダイヤモンドなどの魅惑的なモデルが次々と発表されています。