カルティエ パシャ ドゥ カルティエ

カルティエ パシャ ドゥ カルティエ

PASHA DE CARTIER

パシャ ドゥ カルティエ

カルティエならではのデザイン性でファンの多いスポーツウォッチ、パシャ。そのトレードマークといえば、りゅうずを保護するための大きなキャップがチェーンによってケースサイドに繋ぎ留められた独特の意匠です。クラシカルな印象のローマンインデックスが主流のカルティエにあって、エキゾチックな書体のアラビア数字インデックスも目を引きます。スポーティー、カジュアル、そしてエレガンスが三位一体となったパシャは、長らくカルティエの人気コレクションの1つとして君臨しています。

もっと詳しく見る

65件中

130

ABOUT PASHA DE CARTIER

  • 太守に依頼された防水ウォッチをオマージュ

    パシャが発表されたのは1985年のこと。その昔モロッコの都市マラケシュを治める太守(パシャ)からカルティエへ寄せられた依頼、「自宅のプールで泳いでいても着けられる時計」を製作した歴史から、カルティエ初の防水ウォッチへのオマージュとしてパシャの名が与えられました。りゅうずにキャップをすることで水の侵入を防ぐという実用的な機能を、そのまま優美なデザインへと昇華したパシャ。そのデザインアイデンティティーは、現在も変わることなく継承され続けています。

  • 珍しいレディース向けの自動巻き時計

    もとはメンズウォッチの高級ラインとしてクロノグラフモデルなどが人気を博したパシャですが、次第に女性向けのデザインバリエーションも充実し、現在ではユニセックスに使えるスポーティーウォッチの定番となっています。特にパシャをそのまま小ぶりにしたミスパシャは鉄板といえる人気。また、男女兼用サイズ以降は自動巻きムーブメントを搭載しており、クオーツが主流のレディースウォッチの中にあって本格的な機械式も選べることから、こだわり派の女性にもおすすめです。

  • リーズナブルな中古パシャCが狙い目

    2020年、自社製ムーブメントを搭載した新モデルが発表されたパシャ。デザインコンセプトが大きく変わることなく継承されたこともあり、すでに生産終了となっている旧モデルにも大きな注目が集まっています。特にシリーズの中で初めてステンレスモデルとして登場したパシャCは、メンズライクなメリディアンGMTやクリスマス限定モデルなど豊富なバリエーションを誇り、中古価格10万円台からと比較的リーズナブルに入手できるカルティエの自動巻き時計として多くの人々に親しまれています。

  • エレガンスの中に光る個性

    柔らかな丸みを持つパシャはタンクをはじめとした角形ケースのコレクションが多いカルティエにおいてひときわ目を惹くコレクション。本体とりゅうずを繋ぐチェーンやりゅうずキャップが個性を感じさせます。防水性能を高めるために取り付けられた実用的なパーツですが、それすらもカルティエらしいエレガンスを感じさせる意匠に仕上がっています。また12、3、6,9の4つの数字には同ブランドでも珍しいアラビア数字があしらわれているのもパシャならでは。丸みのある書体がパシャの個性をより引き出しています。

  • 女性向けには珍しい自動巻きも選択肢に

    当初は男性向けの要素が強いモデルであったパシャ。徐々に女性向けのデザインも充実し、2009年には小ぶりで可愛らしいミスパシャが登場。クオーツ式のため薄型で女性が付けやすく、現行でも人気のモデルです。近年男性用モデルは身を潜めていましたが2020年にコレクションが刷新され男性用モデルと男女兼用モデルが発表されました。新作の全てにカルティエの自社製基幹ムーブメントであるcal.1847 MCを搭載。女性用の時計はクオーツ式が多い中、機械式(自動巻き)時計も選択肢に入ってくることからこだわりを持った女性にもおすすめのコレクションです。

  • お気に入りを探す愉しみ

    生産終了となった旧モデルも多く存在するパシャ。その中でも男女兼用のパシャCはコレクション初のオールステンレスモデルで手頃な価格帯の自動巻きモデルとして人気を博しました。メンズライクなメリディアンGMTや、その年ごとに異なるデザインのクリスマス限定モデルなど豊富なバリエーションが揃います。また製造期間が長かったこともあり、中古も多く流通。比較的リーズナブルにカルティエの自動巻き時計を入手できます。多彩なラインアップからお気に入りの1本を見つけるのも愉しみの1つではないでしょうか。