対象商品最大15万円OFFのクーポンキャンペーン!
60回無金利
ハリーウィンストンメイン画像
世界屈指のジュエラーで、最高級のジュエリーと腕時計を扱うハリー・ウィンストン。
「キング・オブ・ダイヤモンド」「スターたちのジュエラー」の名で讃えられ、ジュエリー界に君臨しています。
そんなハリー・ウィンストンの創業は1932年。名だたる老舗ジュエラーに比べると、意外と新しいと驚かれる方も多いのでは?
瞬く間に女性たちの心を虜にしたハリー・ウィンストン。その歴史や魅力を紐解いていきましょう。
BrandHistory
創業者であるハリー・ウィンストンは、1896年、ニューヨークで小さな宝石店を営む父の元に誕生しました。幼い頃から宝石の鑑別に天賦の才を発揮した少年時代のハリーには、12歳の時に、町の質屋で25セントで売られていた石が2カラットのエメラルドだと見抜き、2日後に800ドルで売り払ったという有名な逸話が残されています。

父の仕事を手伝いながら力をつけ、1932年にニューヨークの五番街に自身の名を冠したハリー・ウィンストンを創業。メゾンの輝かしい歴史の幕開けとなります。
ハリー・ウィンストンの歴史は、飽くなき宝石蒐集にかけた情熱の歴史でもあります。創業から次々と世界的に希少なダイヤモンドをコレクションに加え、世界中の注目を集めました。歴史的に名のあるダイヤモンドの3分の1はハリー・ウィンストンが扱ったと言われるほど。

天才的宝石学者であったハリー・ウィンストンは、広告戦略においても素晴らしい商才を発揮します。アカデミー賞の授賞式で着用するジュエリーの貸出しを提案し、その後数々のセレブがハリー・ウィンストンのジュエリーを身に纏うようになりました。
ジュエラーとして名を馳せたハリー・ウィンストンは、1989年に時計製作の歴史をスタートさせます。ジュエリーの専門知識を時計製造技術に取り入れたハイジュエリーウォッチにとどまらず、スイス、ジュネーブの著名な独立時計師とのパートナーシップを結ぶなど、革新的なマニュファクチュールとして時計界でもその注目を集めています。

ダイヤモンドへの情熱が込められたジュエリーやタイムピースは、レッドカーペットのみならず、これからも世界中の女性を虜にし続けるに違いありません。

HARRYWINSTONの魅力

キングオブダイヤモンド

ハリー・ウィンストンは、創業以来、歴史的に重要なビッグダイヤモンドを多数扱ってきた伝説的なジュエラー。
726カラットもの巨大な原石だった「ヨンカー」や、世界最古のダイヤモンドと言われる「ブリオレット・オブ・インディア」などを次々とコレクションに加え、新聞を賑わわせます。所有者が次々と不幸な運命をたどると云われた有名な「ホープのダイヤ」さえ、ハリー・ウィンストンによって生まれ変わり、「エンブレーシング・ホープ(希望を抱いて)」としてその呪いの伝説に終止符を打ちました。こうしてハリー・ウィンストンは「キング・オブ・ダイヤモンド」の名をほしいままにするのです。

築き上げたコレクションは「英国ロイヤルファミリーに次いで世界で二番目に歴史的価値のある宝石を所有している」と報じられたほど。米国のスミソニアン国立自然史博物館には、寄贈した宝石を展示するハリー・ウィンストン・ギャラリーが存在するなど、輝かしい偉業を成したブランドなのです。
ハリーウィンストン・ダイヤモンド
ダイヤモンドの絶対的オーソリティであるハリー・ウィンストン。ダイヤモンドは通常「4つのC」、すなわちカラット、カット、カラー、クラリティという評価基準で格付けされています。
ハリー・ウィンストンではこの「4つのC」が優れていることに加え、通常よりはるかに複雑な評価基準を設けており、美しさと輝きにおいて独自の視覚的基準を満たしているかなど、より幅広い見地から鑑定が行われます。
こうして選びぬかれたダイヤモンドのみが、最終的に “ハリー・ウィンストンのダイヤモンド” を名乗ることができるのです。そのため、ハリー・ウィンストンの商品を選ぶときは、数値化された鑑定書とダイヤモンドを見比べるのではなく、実際に自分の目で見てどのように感じられるかを大切にするようにすすめられます。
どれをとっても極上のダイヤモンドであることは間違いありません。あとはご自身の心にもっとも響く石を選べばよいだけなのです。
ハリーウィンストン・ダイヤモンド

世界最高峰・スターたちのジュエラー

ハリー・ウィンストンにはもうひとつ、”スターたちのジュエラー” という異名があります。1944年のアカデミー賞授賞式で、主演女優賞を受賞したジェニファー・ジョーンズにダイヤモンドジュエリーを貸し出したことがきっかけとなり、ハリー・ウィンストンのジュエリーは瞬く間に時のハリウッドセレブたちを虜にします。 有名なミュージカル・コメディ『紳士は金髪がお好き』のなかで、マリリン・モンローは「ねえ、教えてハリー・ウィンストン!私にダイヤのすべてを」と高らかに歌い上げます。俳優リチャード・バートンが、妻のエリザベス・テイラーへ誕生日に贈った「テイラー・バートン」や、海運王アリストテレス・オナシスがジャクリーン・ケネディに婚約指輪として贈った「レソト」など、ハリー・ウィンストンの扱うダイヤモンドはまるで伝説のように今日まで輝かしく語り継がれるものばかりです。
ハリー・ウィンストン・ネックレス
現在では様々なブランドが、レッドカーペットを彩るセレブたちにジュエリーの貸し出しを行っていますが、やはり人気はハリー・ウィンストン。マドンナ、アンジェリーナ・ジョリー、ナタリー・ポートマン、ジェニファー・ロペスなど多くの著名人がレッドカーペットで華やかなジュエリーを披露し、2018年のアカデミー賞授賞式でも、二コール・キッドマンやヘレン・ミレンなどがその輝きを身に纏いました。 日本ではDAIGOさんが北川景子さんに贈った2カラットの婚約指輪が大きな話題となりました。ほかにも山田優&小栗旬夫妻(2カラット)、東尾理子&石田純一夫妻(3カラット以上)、安めぐみ&東貴博夫妻など、多くの芸能人がハリー・ウィンストンの指輪を薬指にはめ、結婚会見に臨むのがトレンドのようになっています。 愛の記念にハリー・ウィンストンのジュエリーを贈られることは、全女性の憧れともいえそうです。
ハリー・ウィンストン・ダイヤモンド

腕時計界へ参入、本格的マニュファクチュールへ

トップジュエラーに上り詰めたハリー・ウィンストンが腕時計製造へと参入したのは1989年のこと。ニューヨーク本店のファサードをデザインに取り入れた ”プルミエール・コレクション” を発表し、その美しく洗練されたタイムピースは世間をあっと驚かせます。もちろん、それ以前からジュエラーとウォッチメーカーのコラボレーションは特に珍しいことではありませんでした。しかしながらハリー・ウィンストンは、スイスの才能溢れる独立時計師とのパートナーシップの締結、独自の新素材の開発、独創的な超絶技術の追究など、わずかな期間で頭角を現し、歴史ある老舗ウォッチメーカーがひしめくこの世界で、異例ともいえる注目を集めています。
ジュエリーウォッチとしてだけでなく、時計そのものとしても魅力的なクリエイションを実現しているハリー・ウィンストン。時計製作への並々ならぬ情熱から生み出される芸術的タイムピースは、これからも私たちの目を惹きつけて離しません。
ハリーウィンストン・腕時計

ページトップ